日経 xTECH EXPO 2019で大好評いただいたセミナーが更に進化

業務改善のスペシャリストが語る
「作業手順」のビジュアル化と標準化で
企業競争力を高める方法とは


191213_seminar_am_LP.png

少子高齢化により労働人口は減少の一途をたどっています。

労働力不足の解消にむけて、多様な働き方を可能にするために『働き方改革』が重要政策に位置づけられています。

ワークスタイルの変革は、企業にとって避けては通れないテーマとなりましたが、1970年代以来、日本の労働生産性は先進国の中で最下位の座にあり、生産性の向上なしに働き方改革を成功に導くことは困難と言えます。


本セミナーは、業務改善のスペシャリストとして企業の経営課題解決に取り組んできた弊社取締役 庄司啓太郎が、市場動向や問題解決の一助となる方法論を様々な企業の実例を交えてご紹介します。


shouji_photo_s.jpg

株式会社スタディスト

取締役 COO

庄司 啓太郎


東京工業大学卒。国内シンクタンクにて、都市計画等の調査業務に従事。その後、株式会社インクスにて、設計支援システム導入や、製品開発プロセス改革や、業務分析のプロジェクトリーダーを歴任。同社マネージャー職を経て、2011年1月インクスを退社。同年2月に株式会社スタディストに参画。

著書:結果が出る 仕事の「仕組み化」

<開催概要>

日時 2019年12月13日(金)11:00〜13:00
会場
株式会社スタディスト
東京都千代田区神田錦町1-6 住友商事錦町ビル9F
定員
20 名
※抽選となります。予めご了承ください。
タイムテーブル
10:30〜11:00 受付

11:00~12:30 セミナー講師:スタディスト取締役 庄司啓太郎)

12:30~13:00 質疑応答

お申し込み方法 当ページのフォームよりお申し込みください。

※受付期限を過ぎてお申し込みご希望の場合は、下記のメールアドレスへ直接お問い合わせください。
service@teachme.jp


参加お申し込み


【満席】お申込受付を終了いたしました

※今回残念ながらお申込みいただけなかった方へ※

次回セミナー開催の折には、改めてご連絡を差し上げます。



ーーー

ご参考


Teachme_Biz_Logo.png